翻訳者の収入

今の時代、インターナショナルな時代になり、英語だけではなく、色々な国の言語が仕事や色々な面で大事になってきました。中でも、東南アジアとの貿易は、近年急速に多くなり、貿易以外にも、友好関係その他、多方面に渡り、関わりを持つようになってきました。その中でも特に、タイ、ベトナムとの関わりはかなり深くなってきています。そうは言っても、タイ語もベトナム語も、まだ英語ほど日本人の間で浸透はしておらず、そうなると、どんな分野においても、タイ語の翻訳が必要になってきます。それに伴い、タイ語、ベトナム語の翻訳者が今の時代、かなり重要になってきています。だんだんどちらの言語も、通訳者が増えてきてはいますが、英語に比べると、まだまだ少ないです。そうなると、必然的に、タイ語、ベトナム語の翻訳者の収入は、英語の翻訳者の収入に比べて高くなります。翻訳会社で正社員等で働く場合ですと、月給20万等といった具合で、月単位等が多いですが、個人ですと、1つの仕事に対して1万、5万などといった具合です。自分の翻訳のスキルに相当自身のある方は、個人の方が向いているかもしれないですが、そうはいってもやはり、しっかりした翻訳会社の正社員等になった方が、生活は安定するのは確かです。その辺は、個人でたくさん仕事を絶対に取れる自身があるかどうかで、どちらが良いかは1人1人の考えによって変わってきます。個人でなかなか翻訳の仕事が見つからない場合は、今は翻訳会社もかなり増えてきているので、まずはインドネシアの翻訳会社を考えてみるのも良いでしょう。今の時代、日本の翻訳会社で、日本語が堪能な外国人を採用するところも増えてきているのと同じで、外国でその国の言葉が堪能な日本人を、日本語の翻訳のために採用する会社も増えています。要するに、日本で翻訳業務を探すのが難しくても、外国で探すことが可能になりました。それなので、業務を探す際、日本国内に限定せず、国外に目を向けてみるのも良い方法です。収入は、その会社によって色々ですが、日本の相場に合わせた収入の会社もありますし、現地の相場に合わせた会社もあります。その辺は、今の時代、インターネットが普及していますから、ネットで調べればすぐにわかるでしょう。たとえ現地の相場でも、しばらくの間、タイ語やベトナム語やインドネシア語の翻訳スキルを上げる期間だと思って、現地に住んでみるのも良いでしょう。現地に住んでいれば、現地の相場でも十分、生活していけます。

インドネシア語翻訳会社

แปลเอกสารภาษาญี่ปุ่น

https://www.japan-on-line.com

タイ語翻訳会社ブレインウッズ

https://www.brainwoods.com/translation/language/thai.html

タイ語翻訳会社まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2138139659745520501