タイ語翻訳のワールドコングレスは、タイと日本を拠点として、タイと日本のお客さまにタイ語翻訳などの業務を行っています。

タイ語→日本語、日本語→タイ語、英語→タイ語、タイ語→英語のいずれの翻訳にも対応します。

お問い合わせは、本サイトの無料見積もりフォームからお願いします(翻訳原稿の添付もお願いします)。お問い合わせに対する返信は、原則として24時間以内に対応いたします。

タイ語翻訳業務


翻訳 通訳 タイ

経験豊かな翻訳コーディネータが、一般的な手紙文から、契約書、財務諸表、監査報告書、タイ国工業規格、各種社内文書まであらゆる分野の翻訳工程を専属で監督します。 翻訳工程は翻訳者による翻訳が翻訳を行い、その後に、チェッカーによる二重チェックを行います。また、通訳の際の守秘義務契約書締結も可能ですので、ご希望の方はその旨お伝えください(ただし、お客様の求める条項のすべてを受け入れることが出来るわけではありません)。

タイ語翻訳FAQ


翻訳 通訳 タイ

タイ語翻訳に関するFAQとそれに対する回答をまととました。発注前、見積もり前の検討資料としてご利用下さい。


レベルの低いタイ語翻訳会社の見分け方

タイ語の翻訳会社のレベルをWebサイトから見分けるのは困難ですが、以下の様な記載がWebサイトにある会社は避けましょう

「当社では、大学・大学院でタイ語を専攻したネイティブが更正を行っています」

この表現は、「タイ人翻訳者はレベルが低く、おかしなタイ語訳を提出してくるが、それをまともに見えるタイ語に修正して納品している」ということです。この様な更正をする際には、原文との対比は行われませんから、美しくても、不正確な訳になります。当社では、高いタイ語表現能力をもった翻訳者が最初から翻訳しています。

「翻訳通訳者数xxx名」

この表現は、「様々なレベルの翻訳者が在籍しており、質の低い翻訳者に当たる可能性も高い」ということです。ワールドコングレスでは、少数精鋭の翻訳者がタイ語翻訳を行っています。

ワールドコングレスの翻訳料金体系の特徴

当社では、翻訳内容の難易度による料金の差が、他社と比べて小さくなっております。他社では、「一般的な文章は5円」、「高度な専門文章は12円」などと、2倍以上の差があるのが普通です。しかし、現行の難易度による翻訳時間の差は2倍を超える程には大きくありません。もし、2倍を超えるとすれば、その翻訳者は、その原稿を翻訳する適正がないということなのです。

さらに、業界の裏話をすれば、翻訳会社は、お客さんからは「高度な専門文章である」事を理由に高い料金をとっても、タイ語翻訳者には、翻訳者毎に決められた最低のレートしか払わない事が多いのです。このため、「高度な専門文章」の場合は、翻訳会社の取り分が多くなっているというのが実情です。

もう一つの裏事情は、「タイ語翻訳会社の殆どは、社内の人間に高いタイ語翻訳能力を持った者がいないために、翻訳の難易度を自分で判断する事が出来ないため、顧客から申請された原稿のカテゴリーに応じて、一律に料金を定めるしかない」ということです。ワールドコングレスでは、タイ語の原稿の内容から判断して、個別に料金を設定する事が可能です。

翻訳料金の支払いに関して

当社では、翻訳料金のお客様の事務所へ訪問しての集金は行っておりません。翻訳料金は、当社銀行口座への振り込みになられるか、または、当社事務所への小切手をお持ちいただくことによりお願いいたします。

用語集に関して

翻訳に際して、御社でお使いのベトナム語、英語、タイ語翻訳用語集がありましたらご提供をお願いします。参考にさせていただきます。




タイ語情報

タイ人社員募集